ホテル概要

タカクラホテル物語

Vol.6 新しい光のチャペルと、変わらぬ想いと。

チャペル

 

まるで海のよう。

息を呑むほどの美しい空間、ここはスカイチャペル『ルーナ・ピエーナ』です。最新のLED照明システムが創る幻想的な世界と、天然大理石オニックスからの陽光、柔かな布ごしに感じるシャンデリアの灯り。祈りを捧げる場としての厳粛性と始まりを予感させる明るさが求められる教会では、光も重要な要素。列席者の心を一つに。福岡市内で初めて常設のチャペルを作った30年前から、キリスト教の精神性を大切にし、日本基督教団の正式な牧師による司式の伝統を守ってきました。

クリスチャンの設計士による8mのアーチ天井や、200年前の英国教会で使われていたステンドグラスなど、本物へのこだわり。ガラスモザイクやクロームの照明、スワロフスキークリスタルといった現代的な素材を採用しながらも華美な装飾を排除することで過去から現在、そして未来へと続くクラシックモダンな空間へと昇華させています。おふたりの歴史が始まり、人との絆がつながる。結婚の意味にふさわしい場所であり続けたいという私たちの想いを、新しい光のチャペルで感じてください。

 

 

 

 

 

 

Page Down

PageTop